大阪市平野区歯医者、西歯科医院

インプラント・ホワイトニング・矯正歯科

歯周病治療、予防歯科の西歯科医院

 

 

こんにちは。本広です

 

少し前の参加したセミナーでキシリトールとむし歯予防のパンフレットを頂いたので

内容を紹介したいと思います

 

 

キシリトールとむし歯予防

 

むし歯は、お口の中のむし歯菌(ミュータンス菌)が原因。キシリトールは、そのミュータンス菌に直接作用すると言われています。

ミュータンス菌は、糖分から歯を溶かす「酸」をつくりだします。

しかし、キシリトールから「酸」はまったくつくられません。

キシリトールは、ミュータンスに直接働きかけ、むし歯の原因そのものを弱らせることで、むし歯を予防します。

またキシリトールは、悪玉菌を減らすので

善玉菌が優勢になり、むし歯になりにくい環境になります。

 

キシリトールを妊娠6ヶ月のお母さんが13ヶ月間食べた研究では、生後1歳時点でお口にミュータンス菌がいた子どもは、食べていないお母さんの子どもと比べて、4分の1以下と言う結果も出ているそうです。

他にも、糖尿病の人にも勧められていて

キシリトールは、血糖値を上げにくい

甘味料のため糖尿病の方の食事にも長年使われています。

 

 

虫歯予防にキシリトールは有効ですが、1番のむし歯予防は、歯ブラシなどの道具を使って、毎日菌(プラーク)を取り除くことです

歯並びの関係等で、上手く磨けなかったり、磨いているつもりが歯ブラシが当たっていなくて、そこから虫歯になってしまう方、自分に合う歯ブラシが何か悩んでいる方も居ると思います

おすすめの歯ブラシや歯磨き粉、ご自身や、お子さんの歯磨きのやり方お伝えしますので気軽に声かけて下さいね

Attachment.png