大阪市平野区歯医者、西歯科医院

インプラント・ホワイトニング・矯正歯科

歯周病治療、予防歯科の西歯科医院

 

 

 

こんにちは本広です

6月も後半なりましたね!あっとう間に夏が来ますね

1年も半分終わると考えると、早いなぁって思います

後期高齢者歯科検診の検査項目の1つについてお話しします。

 

反復唾液嚥下テスト(RSST

反復唾液嚥下テスト(RSST)は、患者さんの「嚥下時に喉頭(のど仏)が上にあがることを触診で観察し、30秒間に何回嚥下が行われるか診査し、3回以上できれば正常とします。

 

目的

嚥下の随意的な反復と、喉頭挙上の際に使用する筋肉の動きを把握するために行う。

 

 

検診でひっかかったり、機能低下を感じられたら、摂食・嚥下リハビリをしていきましょう

 

口腔ケア(口の中の清掃・衛生管理)は訓練を行う上での前提条件となります。歯ブラシなどを用いて、口腔内をきれいにし、食物の残りかすや、細菌を除去し、口腔内の衛生状態を改善させます。専門的な口腔ケアは高齢者の誤嚥性肺炎の発生率を低下させる効果があるとされています。

 

最近飲み込む際や、突発的に咳き込むことは無いですか

後期高齢者歯科検診は年に一度の定期健診です。口腔内以外も検査していますので、対象の方は受診して下さいね