Subscribe to 大阪市 平野区 西歯科医院のブログ Subscribe to 大阪市 平野区 西歯科医院のブログ's comments

大阪市平野区の歯医者 インプラント・ホワイトニング・矯正歯科の西歯科医院
歯科衛生士の安澤 恵です。
こんにちはグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
ついに矯正装置をつけました★
院長、スタッフのみんなの声援と興味深々の眼差しの中
矯正専門医の安永先生に装置を装着していただきました☆
ピンクのカラーゴムがかわいくて気に入っています。
矯正装置装着後に注意するものとして食生活があげられます。
矯正装置が変形するのを防ぐために
固いものや、歯にくっつく粘り気のあるものは避けます。
矯正装置に慣れていない最初のうちは、
食べ物を食べやすい大きさに切ったり、
柔らかく煮込んだり工夫することで食べやすくなります。
ひと工夫ひと手間を加えて食事を楽しみます。
私は好物の親子丼や中華丼を食べていました。
矯正装置をつけた直後や、調整を行った後の2~3日間は
歯が痛んだり浮いたような感じになることがあります。
その痛みは歯が動いている証拠なので
喜ばしく思って乗り切っていこうと思います。
個人差があって、全く痛みを感じない人もいるそうです。
たいていの痛みは3日から1週間で治まります。
私の場合、3日程痛みは出ましたが自然と治まりました。
私自身、矯正治療を体験することで、
矯正をされている患者様の気持ちが理解でき、
なんだか嬉しい気持ちにもなりました。
同じ体験を通して、患者様ともっとお話ができる気がします。
とても楽しみです!
1AV1A1A1AE1AZ1ACDSC_0041-thumbnail2.jpg1AV1A1A1AE1AZ1ACDSC_0042-thumbnail2.jpg
VEZCDSC_0040.jpg
syuusei]DSC02708.JPG


こんにちは 
わたくし「DH安澤 恵の矯正ブログ☆PRAT3」です。
キレイな歯並びを目指して、安澤 恵は頑張っています!
前回矯正ブログ☆PRAT2では検査結果をご紹介いたしました。
今回は矯正装置を装着するにあたり
下の前歯を抜くことになりました。
前回に私が希望したように、上顎の前歯の正中はそのままで
下の歯の並びを正常にする方法です。
矯正治療をする場合、必ず歯を抜くわけではありません。
私の場合は先天的(生まれつき)に
上の前歯が正常な本数よりも一本数が少ないのです。
ですから下の前歯を上の前歯の本数にあわせる為に
抜く必要があったのです。
抜歯は、院長先生にお願いしました。
とても安心でした・・・と、いうのは・・・
院長先生は麻酔が痛くないのです。
患者様の中には「西歯科医院の院長先生の麻酔は痛くない!」と
うわさを聞いて、遠くからわざわざ当院に来院される方が
結構いらっしゃいます。
実際に院長先生の麻酔を体験されて、「いつ針をさしたんで
か?」とビックリされます。
特にお子様にとっては、痛みがない治療は安心するものです。
処置に入る前にいつ麻酔をされたのかわからないので
処置がスムーズに進み保護者の方も時間をとられずに
安心してお子様を見守っています。
上手に出来きたお子様は自信もつき
歯医者が通いやすくなります。
お子様にとっては
歯医者のイメージは予防歯科で歯医者に通うという認識を
教えてあげ自分の歯は大切という気づきも出来ます。
長い目で見たときに将来虫歯や歯周病で困らないように
豊かな人生をお子様に送っていただけるように繋がれば
良いと思います。

スタッフみんなが見守る中、処置に入りました。
痛くない麻酔をしていただき
歯がスポンと綺麗に抜けました。
院長先生有難うございました。
CDSC03100.jpgCDSC03099.jpg
これから、安澤の矯正治療をどんどんご報告しますね。
私が実際に矯正治療を体験し、その過程をご報告することで、
これから矯正治療をお考えの方の参考になればと思います。
また、矯正治療をされている方に最適なケアのアドバイスが
出来るようになればいいなと思います。
歯科矯正とは…
矯正装置を用いて歯並びや噛み合わせを良くすることです。
歯並びをきれいにすることは、 虫歯や歯肉炎等の発生を防ぐ
だけでなく、肩こり・頭痛・ストレスの予防ともなると言われて
います。
矯正治療は、見た目の良さばかりでなく
全身の健康を保つためにも重要なことです。

では、またご報告しますね!!


大阪市平野区の歯医者 インプラント・ホワイトニング・矯正歯科の西歯科医院
歯科衛生士の安澤 恵です。
こんにちはグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
皆さんは花見には行かれましたか?
私は先日、学生時代のメンバーと
大阪城に花見に行きました。
ss-2008010222111915559.jpg
桜は満開で天気も良くとても気持ちよかったです。
花見の後にお食事をするためにお店に行きました。
そこで私もやって見ようと思うことがありました。
それは友達が「MY箸」を持参していたのです。
私はその友達の行動に言葉以上に伝わるものがありました。
私以外にもその場にいた他の人たちも感動している様子でした。

私達、医療従事者は感染予防のために
ディスポーザブル(使い捨て)を使用しています。
医療の現場では患者様の感染予防のためにはそれは
不可欠です。

しかしなにか出来ることはあるだろうと思いました。
「MY箸」があるように・・・
「MYコップ」「MYタオル」があるということです。
実際に先日、医院見学させていただいた歯科医院では
「MYタオル」を実践されていました。
大きななにか変わらないかないかもしれませんが
私のように人から人へ伝わっていくなかで
人々の気持ちに少しの変化が起こる可能性はあるかもしれません。

西 歯科医院から、小さな変化を発信してみたいと思います。
西歯科医院の患者様へ かわいい
「MYコップ」 「MYタオル」をぴかぴか(新しい)
お持ちいただいた方はかわいい
西歯科医院スタッフが
とびきりの笑顔で
感謝の気持ちを送ります!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)かわいいグッド(上向き矢印)手(チョキ)

14350005.jpgss-2008010621225117034.jpg
ss-200610262213501898.jpg
ss-20061020093526343.jpg
00031755.jpg


わたくし「DH安澤 恵の矯正ブログ☆PRAT2」です。
キレイな歯並びを目指して、安澤 恵は頑張っています!
矯正治療をする為には、先ず「矯正治療用の検査」を受ける必要
があります。
安澤 恵も矯正治療に向けて矯正検査をしました。
早速、ご紹介いたします!
↓まずこちらの写真はセファロレントゲンです。頭部から頸部にかけて精細を分析及び計測を行えるプログラムです。
b_V_07062007_190600.jpg
b_V_12042007_184529.jpg
↑デジタルX線です。
詳しく診断する為にレントゲン写真の明暗調整や、部分的な拡大
の機能などがあります。
その他にも、治療説明用の媒体機能が充実していています。
患者様にも分かりやすく解説することが出来ます。
^DSC03241.jpg
診断用の模型は
・平行模型(咬み合わせをそのまま再現している模型)
・咬合器模型(頭と歯の距離や角度を再現できる模型)
⇒口の中の状態を再現できるように作製しています。
口の中の状態を忠実に再現しているのでかなりリアルです。
口の中を再現することで、治療方針や装置を決める資料としま
す。
はじめて自分自身の歯を見ることが出来るので、かなりびっくり
される患者様が多いです。
矯正診断はとても大切です。
診断をして治療方針が決まります。
西歯科医院の矯正専門医である陶山先生から十分なカウンセリン
グを受け、いよいよ治療を開始することになります。
私の目的は下の前歯が叢生(ガタガタ)を治していきたいという
ことでした。
写真↓
V@b070702(4).jpg
矯正治療の方針として、私の場合は2通り方法が挙げられました。
①の治療方法
① 上顎の前歯の正中改善です。 
私は上の前歯の正中が少し左にずれているそうです。
分かりにくいですが、上の前歯の真ん中が左にずれています。
写真↓
V@b071018(0).jpg
自分自身では不自由もなく審美面でも気にはなっていませんでし
た。
専門的な診断ですと正中はきちんと真ん中に来ていると
審美的にもより良くバランスが良好になるということでした。
全体的にパーフェクトに治療する方法です。
②の治療方法
② 上顎の前歯の正中はそのままで、下の歯の並びを正常にする方法です。
①の治療法と比べ期間が短く早く歯並びが整います。
私は②の治療法をお願いしました。
これから、どんどんご報告しますね。
私が実際に矯正治療を体験し、その過程をご報告することで、
これから矯正治療をお考えの方の参考になればと思います。
また、矯正治療をされている方に最適なケアのアドバイスが
出来るようになればいいなと思います。
歯科矯正とは…
矯正装置を用いて歯並びや噛み合わせを良くすることです。
歯並びをきれいにすることは、 虫歯や歯肉炎等の発生を防ぐ
だけでなく、肩こり・頭痛・ストレスの予防ともなると言われて
います。
矯正治療は、見た目の良さばかりでなく
全身の健康を保つためにも重要なことです。

では、またご報告しますね!!